ニオイ対策

汗のかかない間違った入浴がニオイの原因かも…

投稿日:

一日の中で一番ニオイの原因となる汗をかいている時間帯が寝ているときなんです。

人は寝ているときに一番汗をかくと言われています。

肌に溜まった汚れが寝ている間の汗でバイ菌が繁殖しやすい環境なんです。

 

前の日ちゃんとお風呂入ったのに何かニオイが気になるってことないですか?

それはお風呂の入り方が間違っているのかもしれません。

一度チェックしてみましょう。

ニオイが気にならないお風呂の入り方

シャワーだけが1番ダメ!

最近はシャワーだけで終わらせる人が増えています。

汗を流すのには効果的なんですが、実は間違っています。

シャワーを浴びただけでは汗をかかないからです。

面倒でも浴槽にお湯を張り湯船につかるのが良いんです。

おすすめは半身浴です。

顔にパックしたり、最近では防水のタブレットを持ってきて本を読んだりするのも流行ってます。

半身浴は心臓に負担をかけないのでおすすめです。

長時間の半身浴は逆効果なので汗をかいて毛穴の汚れが落ちればそれでいいです。

何故汗をかかないといけないのか?

汗は毛穴から出てきます。

すると毛穴に詰まった皮脂などの汚れを汗で流してくれます。

 

いくらシャワーで体を洗っても汗をかかないと何にもならないんです。

汗をかいた後に肌を触ってみてください。

おそらくツルツルになっていると思います。

 

半身浴で汗をかいたら、肩までつかり全身を温めてあげましょう。

汗をかくってことは体を冷やすってことです。

体を冷やすのは良くないので必ず温まってから外に出ましょう。

ニオイが気にならない体の洗い方

クリアネオパールを泡立ててから泡と肌をなでるように洗います。

 

汚れが落ちた気分になるからってゴシゴシキュッキュ洗うようなことはしないでください。

肌を傷つける原因になります。

傷がつくと汚れもたまりやすくなります。

 

肌に傷がつかないように良く泡立ててから体を洗いましょう。

クリアネオパールは想像以上にニオイを取り除きます。

これでまだニオイが気になるのは洗い方に原因があるかもしれません。

 

ゴシゴシこするなってどんなものにも書いているので見た人は何回もうるさいな~って思われるでしょう。

でも基本ですから勘弁してください。

湯船につかるとダイエット効果も…

湯船につかると体にウエストが3Cm~5Cmも縮まるほど水圧がかかります。

この水圧が血管にも圧がかかり血液の流れも良くします。

むくみのある脚も治るぐらい湯船の中は良いものです。

水圧がかかり、血行が良くなりリンパの流れも良くなります。

よってダイエット効果も期待できるのです。

 

よく汗をかくのが目的で汗をかくと疲れるので毛穴の汚れが落ちた程度で良いです。

ニオイの原因まとめ

寝ているときが1番汗をかいて起きて出かけるときに菌が繁殖しニオイの原因になる。

この寝ているときに汗をかかないようにすることはできませんし、できたとしても体に悪いです。

 

だから汗でニオイになる原因物質を洗い流せばいいんです。

それは湯船に入って汗をかくことです。

 

ニオイを気にしないお風呂の入り方

  1. 半身浴で汗をかく
    時間つぶしに顔のパックや本を読む
  2. 湯船に肩までつかり全身を温める
  3. クリアネオパールを良く泡立てて全身を洗う
    決して肌を傷つけるようにゴシゴシ洗わない
  4. 良く濯ぐように洗い流す
  5. 最後にもう一度湯船で全身を温めておわり

このお風呂の入り方が正しいとは言いませんが、ニオイケアには十分に効果を発揮します。

貴女も悪臭が気にならず、良い香りのする女性でありたいですネ!



 

-ニオイ対策

Copyright© クリアネオパールボディソープの効果 , 2019 All Rights Reserved.